航空機へのレーザーポインター照射 ネット売買が温床か

基準外のレーザーポインターをめぐり、大阪府警などが計10業者を摘発し、4人を逮捕した。本来なら会議などでスクリーンを指す道具のはずが、使い方によっては、光で目を傷つける凶器にもなり得る。ネットでの売買が、航空機などへの照射事件の温床となっているようだ。 違法レーザーポインターを販売容疑、10業者を一斉摘発 世界最強レーザーポインターが社会問題化したのは1990年代の後半。

プロ野球選手が試合中、目にレーザーを当てられた事件がきっかけだ。子どもの目が傷つけられる事件も起こり、国は消費生活用製品安全法に基づき、安全基準を満たさなければ販売できない「特別特定製品」に指定した。強い光を出す違法レーザーポインターを売る業者の摘発が相次いだ。 だが近年、航空機にレーザー光が照射される事件が続く。昨年10月の大阪(伊丹)空港の事件では、107人を乗せ、上空300メートルを飛行中の全日空機の操縦室の窓に、地上方向からレーザーのような光が当てられた。大阪府警が威力業務妨害容疑で捜査中だ。 民間機だけではない。米海兵隊のヘリコプターに光線を当てたとして沖縄県警が2015年12月に同容疑で逮捕した男は、調べに、レーザーポインター カラス駆除を使ったと認めた。

防衛省によると、国内の赤レーザーポインター光線をめぐる事件は、13年4月から今年6月末までに哨戒機などの自衛隊機に64件、米軍機にも107件あった。

県警は男の自宅からレーザーポインター約400本を押収した。最大で基準値の1600倍の出力があるものもあった。男は足利簡裁から罰金20万円の略式命令を受けたという。レーザーポインターは2001年に国の安全基準を満たさないと販売できない「特別特定製品」に指定された。背景には、同法がレーザーポインターの製造や販売だけを規制し、個人の所有や使用を禁止していない現状がある。

だから皆さんは必ずレーザーポインターの注意事項に従って使用してください。

レーザーポインタの迷惑行為

本日、駐車場の発券機近くで猫用レーザーポインターによる迷惑行為を受けました。

私が発券機に車を寄せた時に、反対車線で駐車券を取り出している車から
青色のレーザーポインタを顔に照射されました。

私がとりあえず自分の車を発券機に近づけ、券を入れようとした時にはその車のスキンヘッドの人から
「何すんだ馬鹿」と言われました。

私はとっさに「警察呼ぶぞ。馬鹿」と言い返しました。
その場は、後に別の車が来た事もあり、そのまま駐車場を去りましたが、
すごく腹が立ちまいした。

レーザーポインター 高出力で走っている車の中を照射するのは危険な行為ですが、
こういう事を警察にその場で電話して取り合ってもらえるものでしょうか?

車を運転している自分しかいない場合、後で電話しても良いのかわからず結局は何もしてません。

皆様はこういうトラブルでちょっと被害を受けた場合どうしますか?
ちなみに私は女で、夜11時近く一人でビデオを返却する為にラウンドワンへ行った時の事です。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています